電気土木工事

インフラを整え、人の暮らしをサポート

対応工事内容

地中に電線を埋設して、インフラを整備

未来を考えた
電気工事施工管理としての施工

地域密着型で人の生活を支える
静岡県浜松市の有限会社コヤマ電気は電気土木工事をメイン業務として展開しています。主に配管の埋設やハンドホールの設置の設計・施工をすることで人々の生活をサポートしている業者です。施工の際に意識しているのは土木工事業者ではなく電気工事施工管理技士の視点から暮らしを考えること。電気は未来まで長く使える設備でないと意味がありません。そんな高品質な施工ができますので、浜松市の方はお気軽にご相談ください。

タイトルを入力してください

サブタイトルを入力してください
テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。

ハンドホール埋設

地中の電線などを安全につなぐための設備
ハンドホールとは、地中に埋められている電線やケーブルを接続するために設置されるコンクリート製の箱です。有限会社コヤマ電気ではハンドホールの設置を展開しています。人が安全に電気設備を使うためになくてはいけないものであり、確実な施工をしないと、とても多くの方々に迷惑がかかってしまう設備。35年以上の業歴を丁寧に施工します。

FEP管の埋設工事

安全第一の施工で、インフラを整える
FEPとは「波付硬質ポリエチレン管」のこと。地中に埋め込むタイプの電線です。地中埋設配管のなかには金属製の配管とFEPがあります。FEPの場合、金属製に比べると強度は落ちるものの、屈曲性があるので、設置の自由度が高まるのが魅力。有限会社コヤマ電気では、安全第一を意識しながら安全に電気を使えるようにFEP管を埋設していきますので、お気軽にご相談ください。

FEP管の埋設後の復旧

浜松市に密着した会社ならではのスピード
FEP管は金属製の配管に比べて強度が弱いので、不意に傷ついてトラブルが起きてしまう場合があります。その際、周辺の皆様のもとに電気が通わなくなる恐れがあるため、電気土木工事業者には、できるだけ早い復旧が求められるのです。地元・静岡県浜松市に密着した有限会社コヤマ電気は、他社に比べてフットワークが軽いのが魅力。こうした緊急のトラブルを即座に解決します。

電線管路埋設設置工事

電線を埋設する際に必ず必要な工事
電線を地中に埋設する際に、スムーズに布設できるように管路を作成するのが電線管路埋設設置工事です。大規模な施工になるので、特にスピードとクオリティの両方が求められます。業歴35年以上の熟練した経験を持つ有限会社コヤマ電気は、お客様のご要望に合わせて、柔軟に対応しながら最も迅速に施工できるよう、長年採用し続けている手順を変えずに作業に打ち込みます。

トランス基礎工事

変圧器の不具合を未然に防ぐ
トランスとは「変圧器」のことを指します。トランスは長く使うにつれて老朽化し、どんどん性能が下がってしまうばかりか、適切な働きができなくなる設備。そうなれば、各家庭に悪影響が出るので、必ずメンテナンスをして、場合によっては取り替えなければいけません。この際に必要なトランス基礎工事はお任せください。品質管理を徹底して施工を進めます。

調整池設置工事

河川の氾濫を防ぐために
調整池とは局地的な豪雨が降るなどして河川が氾濫するのを防ぐために、一時的に水を溜めておくための池のことを指します。異常気象による局地的豪雨が増えている現在、特に需要が高まっている設備です。静岡県浜松市の有限会社コヤマ電気ではこうした調整池の設置工事も担当。浜松市にお住まいの皆様の身の安全を守れるような頑丈な調整池を、重機を使ってつくります。
項目を追加

電気土木工事は業歴35年超の
有限会社コヤマ電気へお任せ下さい!

電気工事施工管理としての施工でインフラを整備

関連コンテンツのご案内


有限会社コヤマ電気について

Contents_01
35年以上も愛され続ける理由

採用情報

Contents_02
手に職をつけて活躍しませんか?

会社情報

Contents_03
静岡県浜松市の有限会社コヤマ電気を紹介